学び舎 傍楽

  • 学び舎 傍楽
  • 学び舎 傍楽 Facebook
  • 学び舎 傍楽 Twitter
  • 学び舎 傍楽 Instagram
お問合せはこちら
ホーム 傍楽とは? イベント一覧 参加者の声 レポート よくあるご質問 メンバー紹介 アクセス

人生うまくいく人と、うまくいかない人。(番頭・川田)

2016年11月30日

こんにちは!傍楽の番頭の川田です!
今回は、なんだかスゴいテーマの書き出しです(笑)

でも、皆さんの周りを見ていただくと、明らかに人生うまくいってる人と、うまくいってない人って、いるじゃないですか。
いったい、この差はどこから生まれてきてるのか不思議だと思いませんか?

結構どちらの場合も、本人的には、その原因にまったく気が付いていない場合が多いのです。
良い場合も、悪い場合もです。

そんな人々を見ていて、ああ、なるほどねえ、、と思える時があります。
それには、ある価値基準が働いているようです。
物事には、その行動をとる場合の判断基準があるのですが、そこには一定のルールがあるのです。

それを具体的に言うと
まずは、一番底辺の価値基準が、自分にとって、損か?得か?です。
人間の一番本能的な行動基準ですよね。
誰だって、自分の得になる方が嬉しいですが、これはやや動物的な発想です。

次に、もう少し上の価値基準が、その行動が良いか?悪いか?です。
これはルールに基づいたもので、人間として理性を感じますね。

さらに上に行くと、、。
次は、その行動が楽しいか?楽しくないか?です。
ここで勘違いして欲しくないのは、楽しいと言う表現を、享楽主義と混同してはいけないと言う点です。
要は、自分の人生なのに、我慢して我慢して、やりたくもない生き方を選んでいませんか?と言う事です。
自分の心が、楽しいと感じれるようなワクワク感のある人生を選んでいますか?と言う事です。

そして最上級に位置しているのが、その行動が、美しいか?美しくないか?です。

これ、最もシンプルで分かりやすいと思いませんか?

具体的に考えてみましょう。
会社帰りで疲れているあなたは、
混んでる電車に乗ったところ、ラッキーにも空いている席を見つけて座りました。
そこへお年寄りが電車に乗ってきました。

損か?得か?で考える人は、オレも疲れてるんだ、せっかく席を取ったのだから、譲るもんか!と、なります。

次に良いか?悪いか?で考える人は、本当は、疲れているから譲りたくないけど、ルール的には譲るべきだよなあと考え込んでしまいます。
まあ、そのあと多分、席は譲るのだと思います(笑)

次に、楽しいか?楽しくないか?の人は、、。
席をヒョイっと立って譲ります。
何故か???
それが楽しいから!
お年寄りに喜んでもらえるのが楽しいと感じられるからです。

そして最上級の、美しいか?美しくないか?で行動する人は、、、。
ややこしい事は、一切考えないで、スッと席を立って譲ります。
そこには、なんの邪念も迷いもありません。
ただ、譲りたいから譲っただけなのです。

さて、人生うまくいってる人が、どのタイプで、うまくいってない人が、どのタイプなのかは、あえて私が言わなくても、お分かりになりますよね?

今回は、電車の席と言う表現をしましたが、これを例えば、就活などに当てはめると、給料などの条件だけを最優先に考えるのは損得派であり、親の望みに応えて就職先を決めようとするのがルール派。
そして、やり甲斐や生き甲斐を優先するのが、楽しみ派であり、社会に貢献できるかどうかを感覚的に知っているのが、美意識派と言う事が理解出来ると思います。

もう一度、あなたの周りの人々を見てください。
人生うまくいってる人が、どんな価値基準で行動して生きてきたか?
うまくいってない人は、どんな価値基準で行動して生きてきたか?
よく観察すれば、答えは明確に見えてきますよね?

電車の席も、就活も、これは、ほんの一例です。
でも逆に考えると、普段の生活そのものが、常に選択肢の繰り返しであり、積み重ねなのです。
あなたは美しい生き方をしていますか?

(番頭・川田)

TOP