学び舎 傍楽

  • 学び舎 傍楽
  • 学び舎 傍楽 Facebook
  • 学び舎 傍楽 Twitter
  • 学び舎 傍楽 Instagram
お問合せはこちら
ホーム 傍楽とは? イベント一覧 参加者の声 レポート よくあるご質問 メンバー紹介 アクセス
ママらくvol.9レポート~ねぇママ。ママは、自分のことが好き?~

ママらくvol.9レポート~ねぇママ。ママは、自分のことが好き?~

2016年9月20日

今回は、7名中5名が未婚の方という面白いメンバーで、スタートしました。
今回のママらくでは、自分やお母さんの「自己肯定感(自尊感情)」について、みんなで考えました。

その中で、一番盛り上がった話題は、唯一、来てくださったママさんからの、「みなさん、自分のことは好きですか?」という質問。

どうして、この質問を投げかけてくださったのかと言うと、

「自分の子どもには、自分のことを好きになってほしいと思う。 でも、その母親である私が、自分のことを好きではないので、矛盾することを言っている自分に、最近気づいた。」のだとか。

この質問に対して、他の参加メンバーはというと、「自分が好き!」と、自信を持って言える方は1人だけで、後のメンバーは、「○○が出来るところは好き」という、条件付きで、自分のことが好きという方たちでした。

ただ、自分を好きになろうとしている方もいました。
その方たちに、「どうやって自分を好きになっていったの?」と聞いたところ・・・

「自分を好きになろうと思うとしんどいけど、“自分を許してあげよう”と思うと、とても楽になった。」とか、

「ありのままの自分を、好きでいてくれる友達がいるのに、 自分だけ嫌いって思っているのは、友達に失礼だと思った出来事があって、そこから自分のことを、許してあげられるようになった」と。

とても興味深い答えですね~。

この2人に共通しているのは、「許す」という言葉

無理に、自分のことを好きにならなくてもいいみたいです。ダメダメな自分も許してあげる。「まぁ、いっか。」って。

そうすると、自分が楽になるし、人にも優しくなれるので、自分を嫌いって思っている人は、許すところから始めていけば良いのでは?という結論になりました。

また、面白かったのは、「自分を好き」と言っていた方の意見。
実は、その方のお母さんも、自己肯定感がとても高かったそうです。

お母さんが、自分を許せることで、自己肯定感があがり、そんな母親を見ている子どもたちも、自己肯定感があがる。こういうサイクルが、存在しているのではないでしょうか?

お母さんたちは、とても頑張り屋さんです。
なので、子育てに手を抜いた自分がダメだと感じて、落ちこんでしまうことが、あるかもしれません。

でも、子どもたちは、そんな落ち込むお母さんを望んでいないと思います。

だって、お母さんには、笑顔で楽しく過ごしてほしいから。
少々、家事が雑でも、子どもからすると全然構わないんです。

だから、お母さんには自分を好きになってほしいですね。

あ・・。でも、「好きになろう、好きになろう」と無理はしないでくださいね!
ママらくに来ていただいて、少しずつ自分のことを好きになっていただけたらな~と思います。

(writer:ナル)

TOP