メールマガジン

傍楽メールマガジン Vol.3(2016年5月31日発行)

■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.003━2016.05.31━

学び舎 傍楽メールマガジン
~ちょっぴり勇気が湧いてくる、傍楽からのメッセージ~

──────────────────────────────■◆■
みなさんこんにちは!傍楽スタッフの田中です!
5月と思えないほど、暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
夏バテも吹き飛ばすような、ホットな話題を今月もお届けします!
ぜひ、最後までご覧くださいね。

【今月のメニュー】
1.もりだくさん!6月イベントのお知らせ
2.番頭・川田から「5月病のあなたへ」メッセージ
3.ある学生さんの言葉から、気づいたこと~編集後記~

【1 】 もりだくさん!6月イベントのお知らせ    
今月は、イベントが3本立て!初の試みのイベントもありますよ。
お友達や知り合いの方を誘って、ぜひお越しください!

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日曜開催!「ママぶっちゃけ!」vol.5
~ママも、未来のママも、学生も!子育てについて一緒に考えませんか?~

毎回大好評の、お母さん向け「ママぶっちゃけ」が今月も開催!
なんと今回は、日曜日に開催することが決定しました。
平日だと仕事で来れない・・というお母さんにもきていただけたらな~と
思っています。

子育ての悩みを打ち明けたり、女性が働くということや結婚に
ついて考えたり、これからそんな人生を歩むことになる学生さんにも、
とってもタメになる話が聞けるかも!?ぜひ、ご参加ください!

2016年6月12日(日) 10:00~12:30頃 @学び舎 傍楽
http://hataraku703.com/kosodate/mama-buttyake-5/
参加対象:女性限定(先着8名)
参加費:500円

先日のママぶっちゃけの様子はこちら:
http://hataraku703.com/kosodate/report-20160426/

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「駒井のまあおあがり」
〜ちょっと心が疲れた人、話を聞いてほしい人、
傍楽でひとやすみしませんか〜

就活のこと、子育てのこと、家族のこと、恋愛のこと・・・。
あなたには、自分のことを気軽に相談できる人はいますか?

これまでも多くの学生さんやお母さんから、
いろんな悩みや相談を受けてきた駒井ですが、
この度、傍楽にて「駒井のまぁおあがり」という一対一で、
ゆっくりと話す場を立ち上げました。

大勢で話すのはちょっと気がひけるところがあるけど、
一対一なら話せることって、ありますよね?
口に出して、聞いてもらうだけで、気持ちは晴れるもの!
美味しいお茶でも飲んで、駒井とゆる~くお話しませんか?

1)2016年6月12日(日)14:00〜16:00 @学び舎 傍楽
2)2016年6月12日(日)16:00〜18:00 @学び舎 傍楽

http://hataraku703.com/oagari/oagari-201606/
募集人数:1枠1名
参加費:無料

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ぶっちゃけ!(仮)」
~本音で話しながら、自らと向き合おう!~

傍楽プロデューサー北川が、定常開催をしてる「ぶっちゃけ!(仮)」。
唯一のルールは「相手の話を否定しないこと」だけ!
今月は、初の滋賀(米原)と東京(吉祥寺)でぶっちゃけが開催されますよ~!
場所というハードルを超えて、今の自分の気になってることや
悩みをぶっちゃけてみませんか?

さらに、今回から初の試みがスタート!
Vol.77は「社会人1~3年目の若手集まれ!」と題し、同じ立場の社会人で
日頃の悩みや自分をぶっちゃけます。立場が同じだからこそ、見えることが
あると思います。若手社会人に、ぜひ来ていただきたい回ですね!

Vol.74)2016年6月6日(月) 18:30~21:00 @グランフロント大阪
Vol.75)2016年6月14日(火) 14:00~16:30 @滋賀(米原文化産業交流会館)
Vol.76)2016年6月19日(日) 13:00~16:00 @東京 吉祥寺周辺(場所は折ってご連絡いたします。)
Vol.77)2016年6月21日(火) 18:30~21:00 @学び舎 傍楽
    ☆vol.77のみ「社会人1~3年目くらいの若手集まれ!」

http://hataraku703.com/buttyake/announce-201606/
参加対象:誰でも(先着10名)
参加費:学生500円 社会人1,500円 
※6月6日(月)19日(日)は、<ぶっちゃけーたー>が、北川ではないので参加費無料です。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】 チーム傍楽からのちょっぴり心温まるメッセージ ~番頭・川田より~

五月病のあなたに・・・。

世の中には、「五月病」という名前のお化けが出るらしい。

新入生や新社会人が、環境の変化に対応できずに悩む事らしい。

さて、このお化け退治のゴーストバスターズを依頼されたので、
その対策を考えてみようと思う。

そもそも、人生に対して真面目な人や、責任感の強い人が、
新社会人の場合は、新しい仕事が上手に出来なくて、
自己嫌悪、もしくは自己肯定感の急降下から、
「自分はダメな人間だ」などと、考え込んでしまうみたいですね。

私なんぞは、17歳あたりから、道を踏み外しながら生きてきたので、
高校を卒業して就職した時も、「自分はダメな人間だ」・・・
なんて考える選択肢がなかったなあ。もう、すでにダメだったから (笑)

つまり、今までダメじゃなかった人だけが、
五月病にかかる権利を、保有しているわけだよね。
ある意味、うらやましいこっちゃ。

私は医者ではないのだから、五月病と言うのが本当の病気だとしたら、
軽はずみな発言は、しちゃあダメだよね。

ただ、これだけは覚えておいて欲しいんだよね。

「今日捲いた花の種が、明日に咲く事はないってことを」

つまり、物事には宇宙の法則みたいなのがあって、
花の種は、土の中でじっとその時が来るのを待っているわけよ。
もちろん、そのあいだにも土から水分と栄養分を吸いながら、
少しずつ成長しているんだけど、地表から見ても全く変化が見えないから、
おいおい大丈夫かよ?って事になるわけよ。

逆に考えれば、人間はどんな事をしてたって、成長をし続けているんだよ。

例えば、ひきこもりしていたって、それはそれで
「自分の人生って、いったい何なんだろう?」って考える時間になるし、
こうゆう人は、物事を深く考える事ができる人になっていくよね。
これも成長のひとつの形だと思う。

ただ、他人が作った、勝手な世間の物差しで測られちゃうと、
「仕事もしないで、ブラブラと何やってんだ!」てな事になるわけ。

私にも、そんな時期があったからよくわかるんだけど、
(まあ、私の場合は会社が倒産したりとかの、外的要因が多かったけど)
なんだかんだと言う人は、どこにでもいるんですよね。
でも、その人たちは決して、助けてくれる人ではないのにね。

で、ある時、こう考えることにしたんだ。

あんたら、別にオレの人生を助けてくれるわけでも無いんだから、
いちいちウルセーよ!
文句あるなら、お金を出して助けるか、就職先を紹介してくれよ!ってね。
大体において、なんにもしない奴に限って、説教をしたがるんだよ。

これは逆に考えると、「自分の人生は、自分が責任を持つ!」って、
宣言しているようなもんだね。

ただ、実家があって、親がいて、そこで羽やすめができる環境なら、
それはそれで、甘えればイイ!
いつか傷ついた羽の手当てが終わったら、その時に羽ばたけばいいのだから。
親なんて、子供から見返りなんて期待していないから。
子供がイキイキと生きていてくれたら、それで大満足なんですよ。

最後に・・・。

あなたが、仕事しなくても、五月病にかかっていたとしても、
世界の経済が変化することは無いんです。
ニューヨーク株価が、上がる事も下がる事も無いのです。

こう言ってしまうと、やや刹那的に感じる人もいるかも知れないけど、
どうせ、それくらいの人生なんだから、逆に好きに生きたらいいんよ。
私も好きに生きるから、あなたも好きに生きたらいいよ。

この続きが聞きたい人は、川田塾へお越しください (笑)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3 】 ある学生さんの言葉から、気づいたこと~編集後記~

最近、ある学生さんが傍楽へ来て、びっくりしたことがあります。
「就活して一度入った会社って、辞めてもいいんですか?」と。

新卒で入った会社でも、入ってみないとわからないことがあります。
だから、自分が合わないな~と思ったら、次の選択肢を探せばいいのに、
今の学生さんは、そうは思っていないようです。

そんなことをいいながら、私も学生の時は、
「辞める」という選択肢なんて、考えてもいませんでした(笑)

でも、その価値観を変えてくれたのが、学び舎 傍楽だったんです。
いろんな人と話して、いろんな大人と出会って・・
「人間って、いろんな生き方があるし、自分に正直に生きていいんや~。」
そう思えるようになった場所が、ここ傍楽です。

6月はさまざまなイベントがあるので、ぜひいろんな人と出会ってほしいですね。
そうやっていくと、新しい自分が見えたり、思いもしなかった価値観に出会ったりと、
化学反応が、たくさん起きるんですよね~。こんなに楽しいことは、ありません。

なので、ぜひ6月も学び舎 傍楽にお越しください。
心の化学反応を、たくさん起こしましょう。

傍楽のWebサイト「モヤっとインタビュー」に出てくれる方や、イベント
レポートを書いてくれる学生ライターやカメラマンなども大募集しています!
学び舎 傍楽を盛り上げるために、ぜひ一緒に活動しませんか^^
みなさまのご応募お待ちしています!
https://f.msgs.jp/webapp/form/19132_whcb_3/index.do

…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━━━━…
発行元:学び舎 傍楽
〒604-8245
京都市中京区六角油小路町345-2
電話:075-748-1273
メール:manabiya@hataraku703.com
Facebook:https://www.facebook.com/manabiya.hataraku/
twiter:https://twitter.com/hataraku703
…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━━━━…
© 2016 HataRaku

Mail Magazine

傍楽メールマガジン

  1. 月に1度、傍楽メルマガを配信!
  2. 最新イベントやコラムなどの傍楽情報が盛りだくさん!
  3. ちょっぴり心温まるメッセージをお届けします
ページトップへ