傍楽からのお知らせ

プレスリリースを配信いたしました。

2人の子どもの不登校を経験した女性経営者が、NPOと協働で
思春期の子と向き合う親に向けて、子育て勉強会を初開催
~お母さん自身の「自己肯定感」を取り戻し、自分と子どものありのままを認める講座~

                                  2017年6月6日 

小型充填機のNo.1企業、株式会社ナオミ(本社:大阪府箕面市 代表:駒井 亨衣)は、社会貢献活動の一環として運営する「学び舎 傍楽(まなびや はたらく)」にて、NPO法人箕面こどもの森学園(所在地:大阪府箕面市、代表理事:辻正矩)とのコラボによる「思春期のお子さんを持つお母さんのための子育て勉強会」を、618日より開催します。
「思春期」という難しい時期の子どもとの向き合い方に悩む親に参加いただき、お母さん自身の自己肯定感を取り戻すことで、子どもとの関係性がよくなり、不登校を未然に防いだり、良好な親子関係を構築したりできる機会になればと考えています。

専門機関には相談しにくい人も集いやすい場に

文部科学省「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、H27年の全小中学生に占める不登校の割合は1.26%と調査以来過去最多、なかでも中学生は2.83%と突出しており、思春期の子どもを持つ親にとって不登校は大きな関心事になっています。
「学び舎 傍楽」は、2人の子どもの不登校に苦しんだ経験を持つ当社代表・駒井が、若者や親たちとともに「働くこと・生きること」を語り合う場として、2014年に京都・烏丸に開設しました。町家の落ち着いた雰囲気と、経験者だからこそできる寄り添いで、口コミを通して相談者が増え、行政などの専門機関やカウンセラーなどの専門職に相談するのはハードルが高いと感じる方にも気軽に立ち寄っていただいています。

これまでは、不登校に悩む親が思いや悩みを語り合う「不登校のおはなし会」を開いていましたが、参加者の母親の多くが、自身の自己肯定感が低く、子どもとの向き合い方に悩んでいることに気づきました。思春期に増加する不登校を未然に防ぐには、まずは母親自身の自己肯定感を上げることが第一歩だと考え、また、本社近くでオルタナティブ・スクールを運営する「NPO法人箕面こどもの森学園」が同様の問題意識を持っていたことから、この度、母親の自己肯定感を取り戻すための勉強会を協働企画しました。

ワークを通して、自分を見つける時間に

 勉強会は、認定子育てハッピーアドバイザーNPO法人箕面こどもの森学園副代表理事の守安あゆみ氏を講師に迎え、6月~9月まで計4回実施します。子育てハッピーアドバイスのメソッドを使い、4回のワークを通して自分を見つけ「私はわたしでいいんだ」と自分を認めるお手伝いができればと考えています。
シリーズ400万部を突破した「子育てハッピーアドバイス」の著者で、精神科医の明橋大二氏が理事を務める「NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと」の認定資格

【イベント概要】
「思春期のお子さんを持つお母さんのための子育て勉強会(全4回)」
~お母さん自身の自己肯定感を取り戻そう!~

日時
第1回:618日(日)10001200「わたしの自己肯定感を取り戻そう①」
第2回:716日(日)10001200「わたしの自己肯定感を取り戻そう②」
第3回:827日(日)10001200「人生の悲劇は『いい子』から始まる」
第4回:924日(日)10001200「わたしの素晴らしさに気付こう」
日時は都合などにより変更になる可能性があります。
上記の日程はすべて、午後から「不登校のおはなし会」を開催します。

場所:学び舎 傍楽(京都市中京区六角油小路町345-2
講師:守安あゆみさん(認定子育てハッピーアドバイザー・箕面こどもの森学園副代表理事)
対象:一緒に楽しく学んでくれる方(不登校や思春期の子を持つお母さんに限りません)
人数:10名程度(先着順)
参加費:12,000円(各回飲み物付き)※4回まとめて受講される場合は7,000
4回連続受講がおすすめです。
申込:電話075-748-1273 または、webサイトよりお申し込みください。

【リリースに関する問い合わせ】

株式会社ナオミ
住所:〒562−0031 大阪府箕面市小野原東1-2-83 広報担当
TEL:072-730-2703 FAX:072-730-2777
Mail:press@naomi.co.jp
*「学び舎 傍楽」は株式会社ナオミのCSR活動です。*

Mail Magazine

傍楽メールマガジン

  1. 月に1度、傍楽メルマガを配信!
  2. 最新イベントやコラムなどの傍楽情報が盛りだくさん!
  3. ちょっぴり心温まるメッセージをお届けします
ページトップへ