駒井のまぁおあがり

辞めたいけど、決心がつかない時はどうすればよい?(駒井のまあおあがり レポート)

6月のまあおあがりは、就職して2年目で、今後どうしたらいいのかと、悩んでいる女性と話しました。
彼女は、条件重視で会社選びをしてしまったことが、大きな間違いでしたと話していました。

入社して、あまりにも思っていた会社・仕事と違っていたので、入社後3ヶ月で、しんどくなってしまったとのことでした。でも、そんな簡単に辞める決意もできず、今に至っているが、限界に来ていると言っていました。

私は、面接などを通して、多くの若い人に会いますが、だいたい辞めたいと思う人のパターンは、次の通りに分かれます。

1、 むちゃな働き方(労働時間が長すぎるなど)の場合
2、 自分に合っていない仕事をしている場合
3、 一緒に働く人とうまくいかない場合

今回の悩みは、2のパターンでした。
自分の合ってないことをすると、楽しくないし成長もしないので、だんだん辛くなっていきます。

新卒の場合、自分に向いていることが何なのか分かっていないのと、会社側がその人にやらせたいことが、本人の向いていること一致しないことがあり、そこで苦しくなるケースがよくあります。

営業に向いていると思っていたけど、どちらかと言うとバックヤード、サポート役だった。
逆もしかりです。

営業の中でも、新規営業、ルート営業、店頭販売がありますが、そこでも、向き不向きがあります。

向いてないことを我慢してやるのは時間の無駄なので、一旦辞めてゆっくり考える時間を作り、本当に向いていること、本当にどう生きて行きたいのかを、考えた方がいいよと話しました。

無理やり続けても、いつか体や心が壊れるから、自分を大切にするためにも、決断が必要だと思うとも言いました。

話していくうちに彼女は、だんだんと表情が明るくなって、帰りには「すっきりしました」と、笑顔になっていました。

彼女のような人は、特別でもなく、たくさんいると思います。

決断した方がいいのは分かっているけど、なかなか踏み切れない。
次がどうなるのか分からないから、不安で動けない。

そんなときに、方向性を示してくれる人がいたり、愚痴を聞くだけではなく、本当にどうしたらいいのかを親身に一緒に考えてくれる人が居ると、とことん落ち込むところまでいかなくても、済むのにと思います。

「まあ、おあがり」「ぶっちゃけ」は、そんな悩める人がすっきりする場所だと思っています。

もし、現在しんどいなあと思っている人は是非、学び舎 傍楽に遊びに来てください。
一緒に話をしましょう。

<参加者の感想>
貴重なお時間をいただいて、沢山お話させてもらって本当にありがとうございました!!
ずっとモヤモヤしていた気持ちがすっきりしました。
人に話してみると、自分の気持ちを改めて知ることができたり、
働くことへの希望も、自分が知らないだけで沢山あるというふうに感じました。
自分を大切に、まずは行動します(^-^)!

いろんな世界や人を見る第一歩として、是非、会社見学をしてみたいと思っています!
よろしくお願いいたします。

Mail Magazine

傍楽メールマガジン

  1. 月に1度、傍楽メルマガを配信!
  2. 最新イベントやコラムなどの傍楽情報が盛りだくさん!
  3. ちょっぴり心温まるメッセージをお届けします
ページトップへ