不登校のおはなし会

不登校のおはなし会 3月14日

今回は8人のお母さんの参加でした。

ありがたいことに福岡県、愛知県の遠くからの
ご参加もありました。

今回、印象に残ったのはボランティアのhata-fullガールズの
白石陽子さんと娘さんとのやりとりのお話です。
(白石さんのフェイスブックの投稿を抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「「このままじゃ、この子は1人で生きていけないんじゃないか…
だから、私が何とかしなくては‼️」 と思い、不安の渦に巻き込まれ、
心配ばかりしていました。

そんな私の負のエネルギーは、当時の娘は
「学校行けてない私…心配ばかりされる私… ダメな人間なんだ。
生きる価値がない私。だから、笑っちゃいけない‼️
と思っていたそうです。 そう、私が娘の持っている力を
信じることが出来ず、 「どうせ出来ないんでしょ。」
と決めつけてたんです。

よく考えたら、信じて貰えないことは、やる気を削ぎ自分を
否定されていると感じますよね。
当時の私は全く分かっていませんでした。

目の前の娘の困りごと本心を聴くことなどせずに…
自分勝手に心配ばかり お話会に参加していたら、
同じような道を、通られている方が多いのが、よく分かります。

だから、少し通り抜けた私は、
「目の前で苦しんでいるお子さんの心の本音に耳を傾けて、
お子さんの力を信じて待つしかないです。
人生の選択は子供自身が失敗しながらもしていく事が大切で、
失敗しても必ず戻れる場作りが唯一出来る親、大人の役目かなぁと。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこの話を聞いて、娘さんはそんな風に考えて苦しかったんだなあと
理解できました。 親のよかれや、親の心配が子どもを苦しめることに
つながることを 本当に知っていただきたいです。

子どもは親のことを常に思っているんですよね。

●参加者の声

・母親自身が変わらなければいけないと考え直しました。
グループトークよかったです。

・不安に思っていることを聞けました。

・他の方のお話しで自分たちも前進できていること気づけました。

・グループで先輩の方の経験談を聞け、アドバイスもいただいて
少し元気になれ明日から頑張ろうと思いました。

・他のお母さんの話を聞けてよかった。

・お母さんたちの温かさを感じました。

関連イベントレポート

  • 2月28日の不登校おはなし会

    2021年3月1日

  • 11月 不登校のおはなし会 Zoom開催

    2020年11月20日

  • 11/8 不登校のおはなし会 レポート「不登校の子どもを育てた経験があるから伝えられる言葉がある」

    2020年11月14日

  • 9月の不登校おはなし会

    2020年9月30日