ふるふる時間

ふるふる時間『自分を大事にするってどういうこっちゃ?』

学び舎傍楽事務局のカルダー友美です。

 

今回は毎回特に人気のある
『自分』をテーマにしたイベント。


参加者の方は、30代から60代の男性、女性。
初めての方も、久々の方も、常連さんも
よいバランスで会が始まりました。

 

自分を大事にすると言われても、
実際にどうしたらいいか、なかなか
掴めないものです。

 

話しを進めていくにつれ、それが
明確になって行きました。

 

一つ目のテーマは『自分にどれくらい満足していますか』

 

二つ目は『自分にがっかりするとき』

 

三つ目は、今回のイベントの肝とも言える
『自分流の自分の大切の仕方』

 

・NOとなかなか言えないけど、ベストを尽くし、
プラスに変えていく

・怒りを発見したら、ひたすら自問を繰り返し、
自分の心の声に耳を傾ける

・自分の考えを俯瞰して眺める。

・少しでも自分を認めて自画自賛

・1人の時間を大切にして自分を守る

・自分を見張らない。自分という存在をただ全肯定

 

その後は、参加者の方に自由に質問をしてもらいました。

その中で、
『今に至る人生の分岐点や出来事を教えてください』
という質問があがりました。

 

その質問のおかげで何とも言えず素晴らしい
時間となりました。

 

皆さんが其々経験から培ったこと、得たことを、
惜しみなく素直にお話しくださる姿に、
心を揺さぶられ、胸がいっぱいになり
放心状態になりました(笑)

 

皆さん、お一人お一人が本当に偉大で愛おしい。
愛の波動が後から後から押し寄せ圧倒され
Zoomイベントでこんなにもつながりを感じ、
大きな余韻に包まれる体験をしたのは初めてでした。

 

人生の先輩の体験談を聴いて、自分がこれから
生きていくこと、歳を重ねることがとても楽しみです。

 

主催者でありながら、参加者の方以上に、
このイベントを堪能したように思います。

 

今回は、偶然にも人生の苦しみの峠を幾度となく
駆け抜けてきた参加者の方が多かったのですが、
現在渦中にいて孤独を感じたり、生きづらさを感じたり、
人生に諦めたり、苦しみのある人にも参加してほしい。

 

自分がいかに素晴らしい存在であるのかを皆さんに
知ってほしい。

そう心から強く願います。

 

〇参加者の声〇

参加者のみなさんの転機となった個人的体験、
経験を具体的に聞くことが出来ました。

これまでに起こったどんなに辛い出来事さえも、
自分事としてドン!と受け止めて、自分なりの
答えを導き出し、自分の人生を確と歩んでおられます。

その姿が力強くて眩しくて、とても感動し、
勇気をもらいました。

自分を生きるということは、それだけで周囲に
良い影響を与えるのかもしれない。
そんな気づきを得たふるふる時間でした。

 

 

関連イベントレポート

  • ふるふる時間『そもそも自己肯定感ってなんやろう?』

    2021年9月23日

  • 非HSP母とHSP娘のお話会

    2021年8月28日

  • ふるふる時間『テーマなしのフリートーク』

    2021年8月23日

  • ふるふる時間『お金の罪悪感』

    2021年7月12日