傍楽リニューアルイベント【子どもの気持ちがわからない】壊れた親子カンケイの治し方 2023年6月

 

傍楽リニューアルイベント【子どもの気持ちがわからない】壊れた親子カンケイの治し方に参加しました。

傍楽で開催される不登校関連のイベントは、「参加者の話を聞いたり、話せる」かたちが多いのですが、今回は講演会のような形式でした。

前半が代表駒井さんと娘の友美さんの不登校対談。

後半は、傍楽に通いだし、親子関係が変わっていったお母さんお二人の経験談です。

 

【前半の感想】

いまのお二人の関係性は、「仲良し」というよりも、」協力し合う「仲間」のような雰囲気。

普通の親子でも、ここまで健全な関係性って珍しいのではないかなと思います。

ここだけ見ていると、駒井さんのところだからできたことに見えがちですが、お二人が特別なのではなく、お互いあきらめずに努力し合った結果が、いまの関係性なんだということが、この時間でひしひしと伝わりました。

駒井さんは、友美さんが不登校になるまで、完全な毒親とのこと。

具体的なエピソードを聞くと、誰がどう見ても「毒!」と言いたくなるほどの支配っぷり(笑)

いまでは考えられません、、、でも、それだけ人は変わることができるんだなぁと思いました。

友美さんのお話しを聞いていて、印象に残っているのは、「不登校になるまでは、お母さんは神様だった」という言葉。

子どもの頃の親は、神様のような存在。

だってお家も、食べ物も、お世話してくれるのも親ですから、神に嫌われたらいつ生活が破綻するかわかりません。

もし、神様が、「受験失敗したら人生終わり」「学校行けないことは悪いこと」と真剣に言われたら、私はどこまで自分を追い詰めていたんだろう、、と考えていました。

しかし、そんな親子関係でも、変わることができる。

むしろ変わるために、不登校という出来事がやってきた、だからいま笑い合うことができるんですね。

 

【後半の感想】

お二人のお母さんの、子どもが不登校になってから何が辛かったのか、傍楽へ通いだしてなにが変わったのかなど、現在進行形のお話しを聞かせてもらいました。

子どもが不登校になる前の子育てを聞いていると、駒井さんと似ている!

学歴主義で、進学校へ行くことが幸せ。

だから引きずってでも学校に行かせていたとのこと。

子どもが不登校になってからは、たくさん悩んで、泣いて、ぶつかって、また向き合って、、、。

お二人とも子育て中なので、とてもリアルな話が聞けました。

大変はなずなのに、聞いていてちっとも嫌な感じがしないのは、お二人とも笑いながらお話ししてくれたからです。

辛いことは変わらないけど、前を向いて、子どもと向き合っている姿をみて、やっぱりお母さんって強いなぁと思いました。

私(元不登校)の家庭事情も、不登校になってなかったら絶対悪化していました。

不登校は家族それぞれが変われるチャンスなんだと思います。

もちろん、渦中にいるときはそんなこと考える余裕はないかもしれません。

でも、10年後、子どもが大人になってから「あの頃のおかげだよ」と笑いあえる日を、どうか信じてほしいなと思います。

今回は、普段聞けないお話しがたっぷり聞けて、大満足の時間になりました!


Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/hataraku703/hataraku703.com/public_html/wp-content/themes/hataraku/single-report.php on line 61

関連イベントレポート

  • HSPのおちゃじかん@ZOOM レポート 2024年4月20日

    2024年5月7日

  • ふぅ!不登校ママのオシャベリバ 2024年4月24日

    2024年5月7日

  • ルルソラ~思春期の子どもを持つ親のオシャベリバ~2024年4月17日

    2024年5月7日

  • 居場所を見つけた私たちの今~20代で引きこもりをしていた繊細さん達のおはなし~レポート

    2024年5月7日